一棟売りマンションを運用して利益をあげる

どんなものか

価格とは

不動産の任意売却とは、ローンの返済に窮した場合に取られる手段となるものです。
通常の売却と異なる点としては、融資先の金融機関から一括返済の督促状が届いている状況においての売却活動となる事が挙げられます。
まず金融機関から、いつまでに返済ができないとなると差し押さえ手続きに入ることになるという条件がつく事になります。
その上で、どの仲介業者に依頼するのかを申告し、審査が通れば業者と金融機関との間で書面を交わし、売却活動に入ることになります。
その活動に関しては一切費用はかかることはありませんし、あくまでも通常の売却と同じように売買が成立した時点で手数料を支払うことになります。
差し押さえが入った後は競売にかけられて、入札という形で買い手が決まることになります。
その場合には、市場で買い手を探すよりもかなり安い価格で決定する事がほとんどとなるために、場合によってはローンの残債を全て払うことができないケースがあります。
その際には、残りはそのまま借金として残ることになるために、任意売却によって少しでも高い価格で売却しようというわけです。
もちろんそのために、仲介業者は優先的に営業活動を行うことになるわけです。

変遷について

不動産の任意売却と言えば、これまでは専門機関に任せるケースが多く見られたものです。
競売となると、競り落としたとしても前の持ち主が住み着いたままで引っ越しをしてくれないなどのトラブルがリスクとして残るものです。
それを避ける意味でも、買い手としても専門機関を通して購入することを希望することが多かったというわけです。
もちろん、本来の競売よりは高値となりますが、一般市場を通して購入するよりは安い価格で手に入るというわけです。
けれども最近では、一般の大手不動産販売業者も任意売却を手掛けるようになってきています。
様々な制約がある中での仲介業務という事で、これまでは割と避けられるものでしたが、今ではどの業者も依頼があれば引き受けるようになっています。
短期で確実に売却するためのノウハウも蓄積していることも背景にありますが、通常の仲介業務として扱うことも可能となっているために、ひとつの収益機会として捉えているわけです。
また、売り手に対しても必要となるアドバイスを行うサービスも行なっています。
返済に窮しているという背景は表に出さないのが基本となるので、例えば内見にあたってもそのために必要となる事をアドバイスするわけです。


© 2015 一棟売りマンションを運用して利益をあげる

Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013