一棟売りマンションを運用して利益をあげる

手順

注意点

任意売却制度とは、住宅ローンや税金などの支払いが困難になった所有者が、債務を返済する目的で所有物件を売却すること制度のことを言います。
住宅ローン等の債権者、例えば銀行等と債務者、そして物件買取人の三者がその物件の売却に際してないように合意した上で成立する仕組みになります。
債務者は売却代金を受け取って、債権者に債務の返済を行い、債権者はその物件の抵当権抹消手続きを行います。
最後に買取人は抵当権が抹消された対象物件を取得します。
同様の制度に競売という制度もありますが、どのような違いがあるのでしょうか。
物件の価格面で比較すると、債務者側から考えると競売の方が価市場価格に格より安くなる可能性が高くなります。
ただ一概にそのようになるとは言えません、最近では競売に参加する入札者に増加傾向が見られ、人気の不動産物件においては、市場価格に迫るものも見られています。
競売の入札参加者として考えた場合、売却に際しての各種資料は裁判所が用意をしてくれます。
しかしながら詳細な資料ではないため情報が古い場合もあるので注意が必要です。
また、一般物件と違い内覧ができないので、写真だけで判断しなければなりません。
その他、補償金の問題や、占有者とのトラブル等、が考えられます。

豆知識

任意売却のメリットは、何と言っても市場価格に近い価格で売却できる可能性が高いという点です。
室内を確認していただき、きれいにして引き渡すことが条件になります。
また、一般の売却手続きと何ら変わりがないので、住宅ローンが支払えなくなったとか、債務超過等、近所に事情を知られることなく、売却や引っ越しができるという点もあります。
最後に、債権者との話し合いが売却を決めた時点から始められるので、推移の状況をお互いが把握しながら交渉ができるので、債権者の柔軟な対応が期待できると言えるでしょう。
引っ越しの資金や、残債務が出た場合の対応なども考えてもらえる可能性もあります。
任意売却のデメリットとしては、契約の際や決済の際、話し合いの場に出向くことが必要になります。
また、本人しか取得することができない各種証明書を用意することも大切です。
最後に、対象物件に住んでいる場合は、その内覧に協力することが必要になります。
大きなデメリットと呼べるものではないないのではないでしょうか。
どちらかというと、物件を売却する際には通常当然のように行われる手続きであるので、上記の条件に二の足を踏むようであれば、任意売却は諦めたほうがよいのではないでしょうか。


© 2015 一棟売りマンションを運用して利益をあげる

Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013